Blog&column
ブログ・コラム

建設機械で行うべき日常点検とは

query_builder 2022/06/15
コラム
42
建設機械の調子が悪いと、思わぬ事故につながりかねません。
そこで今回は、建設機械の日常点検について見ていきましょう。

▼建設機械で重要な日常点検
建設機械を安全に使うには、日常点検が重要です。

■漏れていないか
建設機械はさまざまな種類がありますが、そのほとんどに水や油が使われています。
これらを収納している部品が損傷していると、中の液体が漏れ出してきますので、要注意です。
使う前の日常点検では、建設機械のどこかから漏れ出していないか、地面を見て確認するといいですね。

■量は足りているか
建設機械を動かすには、冷却水にブレーキ液、エンジンオイルといったものが不可欠です。
これらは毎日使用しているうちに減っていきますので、点検時に量が足りているかを確認する必要があります。
減っていれば補給しなければなりませんので、日常点検では外せない項目です。

■張り具合はどうか
建設機械の車両に電気供給を行ったり、ラジエーター冷却に関わるのがファンベルトで、これがしっかりと張っているかどうかをチェックします。
また、足場の悪いところで用いるクローラーの足回りをキャタピラーと呼びますが、これに張りがないと地面をしっかりつかんで動くことができません。
どちらの張り具合も、毎日しっかり確認しないといけない点検です。

▼まとめ
建設機械を安全に使うには、毎日の点検が欠かせません。
こまめな点検は、建設機械を長持ちさせることにもなるでしょう。
弊社は埼玉を拠点に、不要になった建設機械の買取を行っております。
買い替え等でご不要になった建設機械がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

NEW

CATEGORY

ARCHIVE