Blog&column
ブログ・コラム

建設機械の振動への配慮が必要な理由とは?

query_builder 2022/07/01
コラム
43
建設機械を使う際は、振動への配慮が必要です。
今回は、建設機械の使用にあたって、振動への配慮が必要な理由を見ていきます。

▼建設機械が発する振動と配慮の必要性
建設機械が発する振動に対する配慮が必要なのには、いくつか理由があります。

■建設機械の振動が発する音
建設機械の大きさは種類によってまちまちですが、大型の建設機械ほど振動も大きくなるのは必至です。
建設機械が発生する振動というのは、たいていの方にとって普段の生活の中で馴染みがないのではないでしょうか。
そうなると、たとえ小型の建設機械であっても、建設機械の振動と振動に伴って発する音が気になる方は多いと考えられます。

■建設機械の振動がもたらす揺れ
住宅街で建設機械を使用する際に必要な配慮が、周辺住宅に伝わる振動です。
例えば家の解体工事で建設機械を用いると、どうしても隣接する家には振動が伝わります。
大型の建設機械であれば、移動するだけでも地面に大きな振動を与えるため、「まるで家が揺れているみたい」「家が壊れてしまうのではないか」といった不安を与えることでしょう。

■建設機械そのものへの恐怖心
道路の改修工事などでは、大型の建設機械が導入されることがよくあります。
大通りの場合、通りに面して建つ建物はもちろん、往来する人への配慮も不可欠です。
というのも、がたがたと振動する建設機械そのものが、恐怖心を誘います。
したがって、通りでの作業は建設機械と人との間に十分な距離を取ることが、最大の配慮と言えるでしょう。

▼まとめ
建設機械は小型と言えども普通自動車よりも大きめですし、大型ともなるとかなりの振動を発します。
音も大きくなりますので、住宅地や道路など、どんな場所で使うにも振動に対する配慮が必要ですね。
弊社は埼玉を拠点に、建設機械の買取を行っております。
古くなった建設機械の処分は、弊社にお任せ下さい。

NEW

CATEGORY

ARCHIVE