Blog&column
ブログ・コラム

建設機械を遠隔操作できるメリットとは

query_builder 2022/07/15
コラム
44
建設機械を遠隔操作できると、どのようなメリットがあるのでしようか。
今回は、建設機械を遠隔操作するメリットを見てみましょう。

▼建設機械を遠隔操作するメリット
建設機械を遠隔操作できると、これまでになかったメリットが生まれます。

■人員不足の解消
建設機械にはいろいろな種類があり、操作するには免許が必要なものもあります。
具体的にはブルドーザーやパワーショベル、バケット掘削機といった車両系建設機械と呼ばれるタイプです。
運転免許を持っていれば、これらの建設機械を操作するための免許や資格は、技能講習会に参加して試験を受けることで取得できます。
ただ、実際にはなかなか勉強している暇がなく、少ない人手で回しているのが現状です。
遠隔操作ができれば、実際に人が操作しなくても建設機械を動かせますので、人員不足解消というメリットを生み出します。

■災害現場に入れる
近年、大規模な災害が多く発生し、大木や大岩が道を塞いでしまうことが少なくありません。
こうした障害物を取り除くには、大型の建設機械がなくては手も足も出ず、早急に災害現場に入る必要があります。
ただ、災害現場は足場が悪かったり、道路が寸断されて行けないこともしばしばです。
仮に入れたとしても、建設機械を操作するスタッフの身の安全が確保できない場合もあるでしょう。
そんな時、建設機械だけを災害現場にヘリ等で運んで設置できれば、後は遠隔装置で作業ができるのは大きなメリットです。

▼まとめ
建設機械は誰にでも操作できるというものではないため、どうしても人員不足に陥りがちです。
さらに災害が頻発する今、ますます建設機械が果たす役割は重要で、遠隔操作ができる建設機械へと替わっていくことでしょう。
弊社は不要になった建設機械の査定と買取を行いますので、お気軽にお問い合わせください。

NEW

CATEGORY

ARCHIVE