Blog&column
ブログ・コラム

建設機械の名義変更手続きとは?

query_builder 2022/09/03
コラム
46
持ち主が変わる場合、建設機械にも名義変更が必要です。
今回は、建設機械の名義変更の手続きについて見てみましょう。

▼建設機械の名義変更手続き
建設機械の名義変更をする際は、押さえておきたいポイントがあります。

■所有権の移転証明
建設機械の名義変更をする必要性が生じるのは、それまでとは別の人物、もしくは事業社が所有者になったためです。
したがって、所有権が移転したことを公的に手続きしておかなければなりません。
これに必要なのが、一般社団法人日本建設機械工業会が発行する「統一譲渡証明書」です。
この証明書を発行してもらうことにより、建設機械の所有権が変わったことを受けて、きちんと手続きを行ったという証となります。
第三者的立場である一般社団法人日本建設機械工業会が、「建設機械所有における移転手続きは、きちんとされていますよ」と証明してくれる公的な書類ですので、名義変更する際は必ず手に入れましょう。

■抹消登録証明書
抹消登録証明書は運輸支局で発行してくれる書類で、以前の建設機械所有者の名義は、すでに抹消登録されていることを証明してくれます。
建設機械の名義変更をする際は、統一譲渡証明書同様、こちらも忘れずに手に入れてくださいね。

■リサイクル券
建設機械の種類によっては、リサイクル券が必要になるかもしれません。
名義変更の対象となる建設機械がトレーラの場合は不要など、細かな決まりがありますので、その都度確認するとよいでしょう。
確認先は、名義変更を行う都道府県の運輸支局です。

▼まとめ
建設機械は高額なものが少なくありませんので、新たに所有者となったらきちんと名義変更をしておきたいところですね。
弊社は埼玉に拠点を置き、関東から東北まで広い範囲にわたり、建設機械の買取実績を積み上げてまいりました。
名義変更の手続きにつきましてもお気軽にお尋ね下さい。

NEW

CATEGORY

ARCHIVE