Blog&column
ブログ・コラム

建設機械で行う整地とは?

query_builder 2022/11/03
コラム
48
建設機械を用いて行う作業には、整地と呼ばれるものがあります。
今回は、建設機械で行う整地とは何かについて見てみましょう。

▼建設機械で行う整地作業
一般的に、整地は建設機械を用いて行うことがほとんどてです。

■整地の目的
整地とは、建設機械を使って住宅などの建物を取り壊し、撤去した後に地面をならす作業のことを言います。
住宅を取り壊す際に建設機械を用いると、地面部分まで掘れてしまったり、えぐれてしまうこともあるでしょう。
取り壊したあと、すぐに家を建てられる土地にしておくために、整地が行われます。
その作業は、固い地面にするために欠かせないもので、大型の建設機械を使って、がつちりと踏み固めて行くのが基本です。

■整地を行う建設機械
地面を踏み固めて、丈夫な土地にするための整地作業をするにあたり、最もよく使われる建設機械がショベルカーです。
地面をならし、さらにしっかりとした硬い土地になるように踏み固めていきます。
ちなみに、ショベルカー以外の建設機械として、ユンボやバックホーなどがありますか、これらは呼び名こそ違えど、どれも同じものです。
行政や建設関係、さらには建設機械のメーカーなど、それぞれで使う名前が異なるのですから、一風変わった建設機械と言えますね。

▼まとめ
家を壊す解体工事で建設機械を用いると、作業は早く終わるものの、土地はどうしても荒れてしまいます。
したがって、更地にして売るにはきれいに整えて固めておく、整地という工程が不可欠です。
もしも整地作業に用いる建設機械の中で不要なものがございましたら、埼玉を拠点に買取を行っている弊社にご相談下さい。

NEW

CATEGORY

ARCHIVE